綿。(わた)いっぱいの愛を!

「一切 この世を忘れた 二人はあたかも マライヒバンコラン」
そんな感じで、日常のイヤンな事を忘れて好きな事だけ書く日記。

下手の横好き趣味マンガ描きの、右往左往、四苦八苦、試行錯誤。
<< 何コレ怖い。 | main | たかが枠線、されど枠線 >>
KMmacroおべんきょ。
KMmacroをもっとちゃんと(?)使いたいなぁ、と思って。
コマンドとやら、delayしか使ってなくてもったいないよな、と。
KMmacro.txtが難しくて、なんとなく分かるトコ、したい事書き出して頭整理しようと言う、
「そりゃローカルのメモ帳にでも書いておけ!」という、正に自分用メモ。

やりたい事。
ネコペ(と当該ウィンドウ)がアクティブで無い時、操作中断かやり直し。
そんだけなんだけどさw

改めてKMmacro.txtを読み直したら、
KMmacroって自分の思うよりずっとずっと
色々できるんだな!スゲーと思った。
まぁ、色々できるのは分かったケド、
内容まるで把握できない自分には
色々なんてできないんだケドNE☆ (゜∀。)アヒャ


こんな素晴しいソフトを作ってくれた作者様に感謝、
敬意を表してもう少しガンガってオベンキョして(今よりは)使いこなしたい、と思うのさ。





以下はKMmacro.txtより抜粋。KMmacro.txtのまんまだと読み辛いので。

KMmacro.txtより抜粋1。.MACファイルの書き方例みたいな?

◆ コマンドの使い方の簡単な例

・「別のウィンドウが開く」などの時間待ちをしてから処理を続ける

(1)単純に、一定時間時間待ちをする例
delay 1000 ; 1秒待つ

(2)「コード入力」というウィンドウが開くのを待ってから処理を続ける例
:loop
delay 200 ; 0.2 秒待つ
GetTitle ; ウィンドウのタイトルを変数 %0 に取得
unless (in "コード入力" %0) goto :loop ; タイトルの中に「コード入力」という文字がなければ、「:loop」に戻ってやりなおし

(3)ユーザーからのキー入力を待ってから処理を続ける例
(message "スペースキーを押すと、処理を続行します") ; メッセージを出す
pause [SPACE] ; スペースキーが押されるまで待つ


・ユーザーからの入力によって処理を変える

message %0 続行しますか? ; 「続行しますか?」のメッセージを出して入力を待つ
if (= %0 "YES") then ; 「はい」が押されれば、以下の処理を行う
  :
elseif (= %0 "NO") then ; 「いいえ」なら、以下の処理を行う
  :
else ; それ以外("CANCEL")なら、以下の処理を行う
  :
endif
  :

・アクティブなウィンドウによって処理を変える
  :
GetTitle ; ウィンドウのタイトルを変数 %0 に取得
if (in "新規登録" %0) then ; タイトルに「新規登録」という文字があれば、以下の処理を行う
  :
elseif (in "変更登録" %0) then ; タイトルに「変更登録」という文字があれば、以下の処理を行う
  :
else ; それ以外なら、以下の処理を行う
  :
endif
  :






KMmacro.txtより抜粋2

◆ コマンド一覧
 キーの記録で使われるのは LCLICK、RCLICK、KEY くらいですが、その他にも以下のコマンドが使えます。
 主なコマンドについては、細かい説明が後にもありますので、そちらも読んでください。

○キーボードマクロ関係
・LCLICK x,y
 (x,y)座標にマウスカーソルを移動し、左クリックします。
・RCLICK x,y
 (x,y)座標にマウスカーソルを移動し、右クリックします。
・MOVETO x,y
 (x,y)座標にマウスカーソルを移動します。クリックはしません。
・MOVERE x,y
 マウスカーソルを(x,y)ドット分移動(相対移動)します。クリックはしません。
・WHEEL n
 ホイールマウスのホイールをn回、上へ転がします(WindowsNT 系列のみ)。
・DELAY n
 n/1000 秒、作業をストップします。n が無効な値の場合、0.1 秒ストップします。
・AUTODELAY n
 コマンドとコマンドの間、n/1000 秒、作業をストップします。n が無効な値の場合、0.1 秒ストップします。
・KEY キー
 指定されたキーをアプリケーションに渡します(入力します)。
・PASTE 文字列
 指定された文字列をアプリケーションにクリップボード経由でコピーします(入力します)。
・SEND 文字列
 指定された文字列をアプリケーションに送信します。
・PASTEKEY キー
 アプリケーションにデータをコピーするときのキー操作を変更します。
・SETORIGIN x,y
 LCLICK、RCLICK、MOVETO コマンドの座標の原点を (x,y) 座標にします。
・BLOCKINPUT n
 n秒間、マウスとキーボードの入力をブロックします。
・SETBREAKKEY
 マクロ中断キーを変更します。
・READJOYSTICK
 ジョイスティックの状態を変数 %joybutton に返します。

○実行制御関係
・:ラベル
 特に何もしません。GOTO ジャンプのラベルに使ってください
・END
 コマンドの実行を終了します。これ以降の指定は無視します。
・IF (条件) コマンド
 条件の結果が"True"であれば、コマンドを実行します。ブロック IF 文も可能です。
・EXITIF 数
 if 〜 endif のネストを強制的に操作します。(動作非保証)
・UNLESS (条件) コマンド
 条件の結果が"False"であれば、コマンドを実行します。ブロック IF 文も可能です。
・GOTO ラベル
 コマンドの実行位置をラベルに移します。マクロの最初の行から検索します。
・GOTONEXT ラベル
 コマンドの実行位置をラベルに移します。実行位置の次の行から検索します。
・GOTOBEFORE ラベル
 コマンドの実行位置をラベルに移します。実行位置の前の行から逆順に検索します。
・CALL ラベル
 現在の処理行を記憶し、「GOTO ラベル」を実施します。
・RETURN
 コマンドの実行位置を、CALL で記憶した処理行の次の行へ戻します。
・PAUSE キー コメント
 指定されたキーが押されるまで、マクロの実行をストップします。コメント指定があれば、その前にコメントを表示します。
・FOR 〜 NEXT
 繰り返し処理を行います。
・EXITFOR
 FOR ループの中から脱出します。

○インターフェース関係
・GETTITLE 変数
 その時点でアクティブなウィンドウのタイトルを変数に取得します。
・MESSAGE 変数 文字列
  文字列を表示し、応答を待ちます。結果を変数に取得します('YES','NO','CANCEL'が入ります)。
・BEEP
 指定した周波数・時間、BEEP 音をならします(WindowsNT 系列のみ)。


○テキストファイル操作関係
・open ファイル名 動作 番号n
 ファイルをオープンします。
・close 番号n
 n番のファイルをクローズします。
・read 番号n 変数名v
 n番のファイルの内容を1行読み込んで、変数vに格納します。
・(eof 番号n)
 n番のファイルの読み込み位置が、ファイルの末尾にあれば "True" を、なければ "False" を返します。
・write 番号n,文字列s
 n番のファイルに文字列sを書き込みます。

○その他
・EXEC プログラム名 [True or Else]
  指定したプログラムを実行します。第2引数に「True」を指定すると、起動したプログラムが終了するまで次のコマンドを実行しません。
・SHELL ファイル名 [True or Else]
 指定したファイルを関連づけられたアプリで開きます。ショートカットを実行したいときにはこちらを使います。第2引数に「True」を指定すると、起動したプログラムが終了するまで次のコマンドを実行しません。
・SET 変数 文字列
 変数に文字列を代入します。
・STEP ON or OFF
 ステップモードをオン(ON)・オフ(それ以外)します。V0.46 で機能強化しました。
・INC 変数 n
 変数に n を足します。n は整数のみが有効です。n が省略又は数として無効な場合は「1」となります。
・DEC 変数 n
 変数から n を引きます。
・CLIPBRD 文字列
 文字列をクリップボードに書き込みます。
・GETCLIPBRD 変数
 クリップボードの内容を変数に取得します。
・INCLUDE ファイル名
 ファイルの内容をこのコマンドの位置に読み込みます。
・DIM 変数名
 変数を宣言します。
・HOTKEY 文字列
 ホットキー一覧を表示します。文字列を指定すると、一覧表示のタイトルにその文字が付加されます。
・ACTIVATE-WINDOW ウィンドウタイトル
 指定した文字列をタイトルにもつウィンドウをアクティブにします。
・AUTOPASTE ON | OFF
 コマンド以外の文字が指定された場合に、PASTE コマンドが指定されたと見なして動作する(ON)・しない(OFF)を変更します。



とりあえず抜粋しただけだけど、時間の有る時に色つけたりして見易く編集しよう。
| さや | 日記とか | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
投稿後管理者が承認を行うまでブログに表示されません。









http://punch.opla.jp/trackback/1153316
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
+ CATEGORIES
Search this site.
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ Twitter
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
QLOOKアクセス解析